掲示物語3 潮騒の板

98866
自由にご利用下さい。但し議論のふっかけ、持論のゴリ押しは厳禁とします。(判定基準は管理人の判断、ゲストによる自治行為禁止) 通常の書き込みの場合管理人は必ずレスするとは限りません。
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

2016年秋のロボットアニメ短評+α - 牛鬼

2017/01/10 (Tue) 04:05:22

遅ればせながら皆さま新年あけましておめでとうございます。

昨年末からフルメタルパニック!の四期やコードギアスの三期が告知されたり、1月6日には「蒼穹のファフナー THE BEYOND」のティザー(※)が発表されたりと期待できそうです。


「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(二期)」

地球支部編でアストン殺す必要はあったのか?という疑問符は残るものの、行き勇むオルガの危うい未来や厄祭戦のモビルアーマーの復活、阿頼耶識システムとのリンクの深化によって半身不随になるミカといった不穏な予兆が後半戦にかけての期待感を煽らせる。


「ブブキ・ブランキ-星の巨人-」

第一期でメインキャラのストーリーを大方やり終えた分、世界観の謎に重点を置けたからか比較的解りやすくなっていた。
最終回の内容は一話丸々掛けてやる事かどうかは解らなかったけど。


「レガリア The Three Sacred Stars 」

ガンダム以外で全部の手描きのロボットアニメを(一ヶ月間休止してまで)やってしまうのは意欲的だと思うけど、ストーリーは設定に引っ張られている感あって、そこまで面白くはなかったかなぁ。


「劇場版マジェスティックプリンス-覚醒の遺伝子-」

実質、後日談とはいえ三年前の作品の劇場版がついこの間まで放送していたかのような導入で始めるのは不思議なものだが、
オレンジの冴え渡るCGで描かれた戦闘シーンには感無量の思いを抱かせられた。


https://www.youtube.com/watch?v=g9DsyhX0LBo

Re: 2016年秋のロボットアニメ短評+α - スラッシュブロウ

2017/01/11 (Wed) 01:22:04

レガリア

手描きのロボット同士の殴り合いは見所だったけれど、それだけで正直後は百合を楽しむくらいしか脚本的に見所がなかったような…本作の内容に関係ないけれど、前期も自転車アニメで延期してしまい、アクタスはガルパンの延期商法で味を占めてしまった感があります(他の会社もですが…)

MJP劇場版

TV版の最終回を長々と流す構成はどうかと思いましたが、脚本的にも本編の空気を損なわずシリアスにもコメディにも寄り過ぎずメインの誰かが死亡みたいなこともなく続編としてはほぼ満点、アクションも俗に言う作画厨はこれでもまだ拘るの?と言いたくなる程良い動きをしてたかと

フルメタはまあ、原作が良い感じで〆てくれてるので期待もてますが、正直ギアスは一期終盤からの外道に成り果てた主人公への肩入れっぷりとほぼ死亡してるような結末迎えたのに復活させるのもなぁ…というのと、ファフナーははあまりの放り投げっぷりと今後続けるにしても不安な要素が多く出てしまった(PVだけでも、総士奪還とか蒼穹作戦何度目だって感じですし、真矢がまだパイロットやってるのも違和感が…)のであんまり…という感じです

EX

逃げ恥

漫画の実写化…というのは数字的にはともかく、内容はあまり芳しくないモノが多いですが、今回のコレはアタリだったかと、情熱大陸やエヴァのパロディもここまでやるかという程再現と使い方も上手く、行き遅れた女性の哀愁を漂わす百合ちゃんのキャラとキャスティングも良く、契約結婚という関係から始まり歩み寄っていくヒロインと主人公の姿もベタながらしっかり描写出来ていたと思います

ただ、拡大SPもあってか、もうくっついてもいいだろといった間柄なのに問題を起こしてまた着かず離れずになってしまい…と間延びしてる部分が残念だったかな、と…何気にTBS系列は重版出来や下町ロケットといい近年面白いドラマ作ってると思います

書き込みなんか殆どない掲示板だからと言って - ベン・レイコック

2017/01/14 (Sat) 21:59:28

以前も苦言と言うか、嫌味を書いたのは理解して頂けていると思うんですが…いい加減、他所でやってくれませんかね。

正直、毎度毎度の「恒例行事」に関しては、ラコック弁務官の最期の台詞がず~っと頭をよぎっていたんですよ。デスタンに撃たれるのは嫌だったので、直接書いた事はありませんが。

ウチでやらずとも、恒例行事と称して編成期毎に短評をやりたい、というのなら、それこそ「2ちゃんねる」でスレッド立てるとか、自分でブログなり用意するとか、twitter等を使う、とか方法はある筈。
そういったものを使ってまではやりたくない、わざわざ用意したり管理するのがメンドウ、等…他にも色々言い分はおありかと思います。
ただ、どんな理由であろうとその言い分はあくまでそちらの都合です。私と私のHPには何の関係もございませんし、例えどんな言い分があったにしろ、私にはそんなものは只の言い訳にしか聞こえないのです。

そういう事ですので、今後はそういった事を許してくれる場所でやるか、そういった場所を自身で作るか…そういった労力すら嫌だというのならチラシの裏ででもやって下さい。今後ウチを使うのはご遠慮願います。

Re: 書き込みなんか殆どない掲示板だからと言って - アノニマス

2017/03/19 (Sun) 10:40:31

そして誰もいなくなったとさ

初めまして - テッカニンブレード

2017/03/11 (Sat) 20:59:46

こんばんは、いつも拝見してるだけですが、こちらの記事は読みごたえがあって面白いですね

>俺の若い頃はというのが見え隠れして恥ずかしい

最近だと「ゆとりですがなにか」や、少し前だと「リーガルハイ2」なんかでも似たような事やってて鼻に着く印象が強かったですね

後者のエピソードは恐らく宮崎駿がモデルだったのでしょうが、アニメ会社なんて散々ブラック企業と言われてるにも関わらず、独り善がりに若手を酷使し続けた老年の監督が訴えられたが以前監督の下で働いてた人達は優秀な人が多くて実際は若手育成の為に厳しくやったのでは?という問いに今まで自分の下でやってた奴に誰一人才能なんて感じなかった、ゆとりの自力で努力しないヌルさが気に入らないから虐めてただけ、と裁判でぶちまけたのにも関わらず、原告が泣きながらイラスト描いて折れるという薄気味悪い展開でした

無敵の弁護士主人公を負けさせたくない脚本の都合もさることながら、捏造や住居侵入、下剤仕込みまで部下にやらせて勝たせてる辺り、正直脚本家のモラルを疑いましたね

そこそこ年食ってる利用者が多いらしい某匿名掲示板辺りで騒いでくれそうなネタが目立ちますが、流行ってんですかねえ

Re: 初めまして - ベン・レイコック

2017/03/12 (Sun) 22:13:43

初めまして、レイコックです。
感想感謝です。

>最近だと「ゆとりですがなにか」や、少し前だと「リーガルハイ2」なんかでも…

該当作品を見ていないので何も言えません。
まぁ、「リーガルハイ」に関しては実際の弁護士や裁判のリアリティを重視している訳ではないのではないか、とは思います。「逆転裁判」とかと一緒ですね。いや、私は好きですけど、「逆転裁判」は。

>そこそこ年食ってる利用者が多いらしい某匿名掲示板辺りで騒いでくれそうなネタが目立ちますが、流行ってんですかねえ

「3匹のおっさん」の事であれば、このご時世3期まで作られたってのはそこそこ世間では人気があるって事ではないかと。時代劇がなくなっちゃった現在、あれが時代劇的な立ち位置なのでしょう。

時事ネタ - ベン・レイコック

2017/01/11 (Wed) 22:35:15

ニュースで盛んに報道されているのでもうご存知でしょうが、「進撃の巨人」等も手掛けた講談社の編集次長が奥さんの殺人容疑で逮捕されてしまいました。

先ず懸念してしまうのが、またこれを好機として変な風に漫画に悪しきレッテルを貼りたがる連中が騒ぎだしたら嫌だなぁ…という事です。

コレでワイドショーなんかに出てる良く分からんコメンテイターとやらが、さも私は世の中の意見を代弁してるんでござい、としたり顔で「漫画は害悪」なんて言い出さない事を祈りたいと思います。

Re: 時事ネタ - 百万式

2017/01/12 (Thu) 19:02:26

どうやら別マガに携わってはいたけど、進撃の担当をやってたわけではないようですね。
それがさも担当してたかのような報道で、現時点では訂正する姿勢も見せてませんもんね。まあ、私が知る限りですが。
進撃のファンの端くれとしては、レイコックさんのいう事態になり、進撃へ何らかのダメージにならなきゃいいな、と思うだけです。
そもそも、有罪無罪も確定していないので、デリケートな部分もあると思いますが。

波よ聞いてくれ3巻 - 百万式

2016/11/27 (Sun) 21:00:46

鮭持って「先輩ッ」は、私も笑いました(笑)。
ほかに、私としては、

ユネスコの件、必要かな?
おばさん、おばさん、カルマってなんですか? 京都のカレー屋?
中原さんが、とてもまじめでいい人というのが伝わってきました。 (つまらなかったんだねぇ)
かわいい顔して速球・・・稲村亜美か?

辺りもツボ。それと、あとがきもおもしろかったです(ウィキペディアって、おもしれぇな!/笑)。
南波さんは、17話(3巻の一発目)の扉絵もかわいいと思います(笑)。

ギャグをやりつつも、話もしっかり展開してますよねぇ。多分、設定なんかも連載前に相当詰めたんでしょうね。
TV番組でたとえると、コントというよりはコメディタッチなドラマ、とでもいうべきでしょうか。

Re: 波よ聞いてくれ3巻 - ベン・レイコック

2016/11/29 (Tue) 23:46:48

ミナレさんという稀代のキャラクターでごり押ししたり、面白い台詞回しとかユーモアだけでも作品として成立出来るんでしょうが、それだけでは終わらせずにキッチリ物語を展開していく…というのが凄い事だと思うんですよ。

それと、漫画的ではなく、かといって劇画とも言い難い…流行りの絵とは違うんですが上手い絵を描く作家さんだとも思いますね。

割と地味に話題になっている作品ですが…アニメとか実写ドラマとかは個人的には勘弁願いたいです。先ず、役者にせよ声優にせよ、ミナレさんを演れる人がいないと思うんですよね。

…実写映画版「むげにん」のビジュアルが公開されて、キムタクも大概だが他のキャストも大概に見えてしまう…なんて言ったら「原作厨」なんて言われちゃうんですかね。ぜってー見ねえから別にいいんだけどさ。(苦笑)

作者つながりで - 百万式

2017/01/08 (Sun) 09:57:57

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

レンタルコミックで、無限の住人を3巻まで読んでみました。
沙村さん、20数年前(デビュー時?)から画力高いですね。
で、意外に思ったのが、ヒロイン・凛のキャラ。
いや、私の場合、「波よ~」から沙村作品に入ったのと、ここのサイトなんかで「イケイケなお姉さんが多い」みたいなこと聞いてたんで、凛の「普通の女の子っぽいかわいさ」に、ちょっとびっくり(笑)。
まあ、仮にデビュー作だとしたら、「(他でインパクトある分)ヒロインは無難に」って考えがあったのかもしれませんが。
卍の設定もいいですよね。バトル要素がある以上、主人公は勝ち続けなければならなくなり(負けっぱなしでは話が進まないので)、よくも悪くも「主人公無双」になりがちですが、ああいう設定があるから、「勝負には負けたが、結果で勝つ」が可能になり、それが緊張感を生む。
で、そんな卍を唯一負かしたのが美人キャラである槇絵なのも、ナイスアイデアと思います。
そんな彼女によって、虫の息になった卍に、「卍さんは私がついてないとダメなんだから」みたいなこといって介抱してた凛のいじらしさ・・・後にミナレさんのようなヒロインを生む作者とは思えない(笑)。

Re: 波よ聞いてくれ3巻 - ベン・レイコック

2017/01/08 (Sun) 23:11:11

感想感謝です。
何かの記事で書いたかもしれませんが、「波よ聞いてくれ」にハマッた人に沙村先生の他の作品を勧めるならば「むげにん」ではなく「シスタージェネレーター」や「幻想ギネコグラシー」、もしくは竹易てあし名義の「おひっこし」を挙げます。
どちらも短編集ですが、「シスタージェネレーター」には「波よ聞いてくれ」にも登場する南波ちゃんが出ている短編もありますし、ミナレさんのキャラクターに惹かれた人なら「むげにん」より入り易いかな、と。

いや、「むげにん」も面白いんですが、不死究明篇がちょっと人を選ぶの気がします。ついでに歴史に興味がある人なら「春風のスネグラチカ」、タランティーノ作品とかB級映画好きなら「ベアゲルター」をお勧めします。

>沙村さん、20数年前(デビュー時?)から画力高いですね
漫画家になる為に美大に入った、という人ですからね。基本的な画力は推して知るべし…といった所でしょう。「むげにん」でも使われている鉛筆の絵を写真品質のコピーしてドット処理により微妙な濃淡を表現、みたいな独特の手法を駆使したり、と創意工夫の人でもあるんですね。

>卍の設定もいいですよね。
主人公で不死になる前にも百人斬りをやってのけた剣豪…の筈ですが、作中じゃあボロボロになって不死の力で辛勝…というのが多いのにも、作中で「不死に慣れてしまってそれに頼るようになる一方、剣の腕も鈍っていく一方だ」みたいな台詞を言わせたりしてます。少年誌的な安易な力のインフレになるのは嫌だったんでしょうね。

甦る凶鳥 - 牛鬼

2016/11/01 (Tue) 00:06:14

来春2月に発売予定の「スーパーロボット大戦V」にてヒュッケバインが久方ぶりの再登場を果たす模様
http://www.famitsu.com/news/201610/31119505.html
https://www.youtube.com/watch?v=KhBMd4YbIzk

どのような形で作品の世界観とすり合わせるのかが気になるところ

Re: 甦る凶鳥 - スラッシュブロウ

2016/11/02 (Wed) 23:07:07

第四次から慣れ親しんだ身としてはホント何時以来だろ(OGSからだと約10年ぶり?)、と思うのと同時に今作はやたらまたガンダム(特に宇宙世紀…)で塗り固めて来たなぁ、という思いもあるので、複雑です

久しぶりにでたOGの続編が正直ガッカリだったので、こっちはちゃんと面白いといいんですが…

PSで出るのは割とシナリオは無難な感じでDSのUXやWみたく元ネタ知らないと違和感なさすぎるくらいのクロスオーバーはしない傾向ですから、どーなんでしょ…

エンジェル伝説 - ペン打ゴン

2016/10/26 (Wed) 00:14:07

お久しぶりです。
主人公の北野君は不気味な顔付きでよく「きええええ」と叫ぶせいで、内気で優しい性格なのに怖い人と思われてしまう人物でした。彼の外見と性格のギャップは後々登場した父親に似たのでしょうね。
OVAはよく知らないのですが、近年では古めの漫画でも何らかの形で映像化されているので、本作も忘れた頃に…はあるかもしれません。

まぁ、希望であって可能性は殆どないかと - ベン・レイコック

2016/10/26 (Wed) 22:18:12

お久しぶりです。

OVAは全2話でコミックスだと1巻分…ホントに冒頭のみで、ヒロインの良子もちょっとしか出て来ません。ちなみに北野君の声はカミーユの人です。

「エンジェル伝説」がホントに面白くなるのは良子や幾乃といった北野君の理解者が登場してからだと思うので、2クール位のアニメとかで見てみたいな、と。実写でやるのもこの作品の場合アリな気がしますが。

2016年春夏ロボットアニメ短評+EX - 牛鬼

2016/10/08 (Sat) 02:40:19

「クロムクロ」
富山県が誇るアニメ制作会社P.A.WORKSの地元密着姿勢や緻密な軍事/SF描写、謎が謎を呼ぶ展開、笑いある日常風景、そして新たな物語を予見させる結末で締めくくられた魅力ある一作だった。


「コンクリート・レボルティオ ~超人幻想~ THE LAST SONG」
あっさり目の結末に軽く拍子抜けするところはあったものの、フィクションとリアルが絡み合いながら戦後史を紐解いていくストーリーは毎週毎週楽しませてくれた。


「マクロスΔ」
諸々のデザインやプロトカルチャーと歌の及ぼす力について考察は見るものがあったし、ヒロインの死期がそう遠くない事を示唆させる描写は苦味があって良かったと思うが、マクロスFと同じく「劇場版にご期待ください」という形で終わったのはいささか残念だった。


EX
「甲鉄城のカバネリ」
ゾンビで巨人でヴァルヴレイヴで美樹本で富野節。本作と「うしおととら」「チア男子!!」での演技が畠中祐くんのエモーショナルなキャラクターとの親和性の高さを証明した。続編や外伝作品に期待したい。

Re: 2016年春夏ロボットアニメ短評+EX - nns

2016/10/09 (Sun) 05:27:23

恒例ですね。

「クロムクロ」
話の展開上本当に必要な時以外戦闘が無いなど、ロボット物と言うよりロボが出てくるSFと言った方が近い作品でしたね。
とは言え、只でさえ戦闘が少な目の上に、戦闘法はほぼ剣のみ、演出もそれを特に活かしていたとは言いがたい物がありました。

また、話の展開上特に必要とも思えず、余り魅力も感じられないサブキャラクターの描写に妙に時間を取っていたため、全体的に冗長に感じることがしばしばありました。

緻密なSF設定や戦国武者である主人公と現代社会のカルチャーギャップ描写などは良く描けていたので残念です。

「マクロスΔ」
戦闘はロボ戦と言うより戦闘機戦と言って良く、登場メカも新規は実質2機種のみということも相俟っていささかワンパターンの感が拭えませんでした。作画演出技術は安定していた分、残念でなりません。

歌の効果とプロトカルチャー文明の関連などSF設定は流石でしたが、ドラマ面では、歌手5人、パイロットが敵味方合わせて10人+αと大人数だったこともあってか、全体的に冗長でした。
そのせいか、ミラージュの存在が三角関係に成る程発展したとは言いがたい物がありました。

個々の要素のバランスは、シリーズ中屈指の出来でしたが、それ故にこれというポイントの無い作品、と言う感が拭えませんでした。

Re: 2016年春夏ロボットアニメ短評+EX - スラッシュブロウ

2016/10/10 (Mon) 22:39:12

スパロボOGMD

満を持して本編の続編…と思いきや、ボリュームは外伝程度で、ファンが期待していたであろう戦闘アニメも既存はほぼ使いまわしという待たせた割にガッカリと言わざるを得ない出来

とは言え、GBA版だと謎だった部分のオリキャラ関連の練り込みや新規参戦ロボのアニメパートは流石と言うべきか

マクロスΔ

序盤くらいまでは結構面白かったのに、ライバルに完勝されるバナージ声の人とか、設定を生かせてない空気ヒロイン、大ピンチだったのにいつも間にか脱出している部隊等話が進む度に荒が目立つようになったのは残念

EX

TOZーX

元は炎上沙汰になったゲームを何でという印象でしたが、関連している新作の宣伝だったようで
作画はufoなだけあって非常に美麗で、シナリオも大筋は同じものの炎上した流れを大分変えており、本編の補完もあるので悪くはない…と思ったのですが、本編は一部登場人物のゴリ押しと言われていたのが今度はゲームでの扱いが雑だったとはいえスポット参戦キャラが主人公に格上げされ異常なまでの出番と改変、好待遇っぷりはやり過ぎで、しかも旅に同行してないので話の進行が遅くなり、他のメインが薄くなってる感は否めませんでした

東離劍遊紀

アニメではなく、大友向けの人形劇というべき作品
まどかの人が脚本というのでどんなもんかと蓋を開けてみれば、バトルロイヤルで殺し合いみたいな印象が強かった人ですが、王道な武侠ファンタジーで各々キャラも魅力的な上にバトルも動きまくって熱いので最後まで飽きずに見れました

ただ、世界壊滅させる魔神が一瞬で封印されたり、大物感あったキャラが最終的に小悪党にまで落ちぶれて情けなく首絞められて退場…というのは惜しかったです

やっぱ女優さんですよね - 百万式

2016/07/10 (Sun) 11:22:57

木村文乃は、私は「素敵な選TAXI」で初めて知ったんですが、同作品ではエロかわいいお姉さんって感じでした。
「エロかわいい」いっても、マンガやアニメの「エロかわキャラ」のような「いかにもなキャラ付け」ではなく、「普段は普通に恋愛してる女の子、仕事ではやり手な社長秘書」って感じで、そういう女性が普通に恋愛の一環として、社長と男女の関係になってる、ただ、その相手はたまたま奥さん持ちだった、っていう役を演じきってました。
社長との関係をあきらめたラスト、主役の枝分さん(竹野内豊)を軽く誘ってみる姿もかわいかったなぁ(笑)。
「神の舌を持つ男」は見てませんが、そういう役どころなんですね。やっぱ女優さんはいろんな役を演じられてナンボなんでしょうね。
それはそうと、「聖母たちのララバイ」演出はおもしろそうですね(笑)。私もこのドラマ、チェックしようかな。

Re: やっぱ女優さんですよね - ベン・レイコック

2016/07/11 (Mon) 21:35:52

木村さんの演技も評判の様ですね。
ネットのニュース記事なんかにもなってます。

向井さん演じる主人公に好意を持っていて、色々とアプローチかけるが袖にされていたり、変な言動で一行の1人からキツイツッコミをされたりと見ていて非常に面白いキャラクターでしたよ。

次も見てみようかと思います。時間が合えば、ですが。
(相変わらず録画という選択肢はない/笑)

Re: やっぱ女優さんですよね - 百万式

2016/08/21 (Sun) 11:14:59

1クールは続くんじゃないかなぁ?
まあ、もうちょっと遅い時間帯で光る作風かもしれませんが。TRICKもたしか23時か24時代でしたよね。
木村文乃のウザかわいい演技は、私も好きです(笑)。ただ、ウザかわいいヒロインは、嫌われやすいのかもしれませんね。
横溝系の、前後編形式の2回は、とくにおもしろかったですね。

Re: やっぱ女優さんですよね - ベン・レイコック

2016/08/21 (Sun) 21:43:29

まぁ、そうそう打ち切りは無いとは思うんですが…堤監督のもくろみ通りにはならないんじゃないかな、とは思います。
「TRICK」も「2」までは好きだったんですが、「3」や劇場版はあんまり好きでは無かったり。

まぁ、舌で舐めて事件を解決…という根本からして下品だとか汚らしいなんて先入観を持たれてしまいそうですし、色々とボタンの掛け違いが見え隠れしている気はします。

ま、ともあれ続きに期待ですね。

それが、2サスの掟よー! - 百万式

2016/09/11 (Sun) 20:23:50

いや、おっしゃいたいことはわかります(笑)。
TRICKはほとんど見たことないんで、既視感、劣化コピーぶりはわかりませんが、何となく、そういわれるのも・・・(笑)
まあ、ギャグというか小ネタはおもしろいんだけど、ストーリーがちょっと冗長なとこはありますよね。30分ドラマくらいで丁度いい作品なのかも。
何でも、映画化されるようですよ(笑)。
それはそうと、最近はドラマに限らず、「控え目」というか「あまりキャラを主張しない」といった主人公が増えたかもしれませんね。

映画のやたら長いタイトルも - ベン・レイコック

2016/09/11 (Sun) 22:14:05

多分、2サスの掟、なんでしょうね。(笑)
ただ…どうなんでしょ。堤氏絡みでいえば、「TRICK」は劇場版の評価はかなり低いんですが、逆に「SPEC」の方はドラマ版より劇場版の方が評価が高いんだそうで。

「神の舌」の場合、どう見ても「TRICK」寄りなのでつらいんじゃないかな、と。軸になる脚本がよっぽどちゃんとしてないと、小ネタやパロディだけで2時間弱引っ張るのは辛いんじゃないかなぁ…と。劇場版「TRICK」の評かもこういう部分があってのものな気がします。

ライトノベルや漫画なんかでも、妙にモテモテだったり変な特殊能力持ってたりしても、自称「普通の」「どこにでもいる」「冴えない」高校生、なんて言われる事が多いですからねぇ。(笑)

昔の少年漫画みたいな、ハナっから「俺は凄い奴なんだぜ」と言わんばかりのオーラを出している主人公、というのは今時の流行ではないのかもしれません。

面白さに異議…う~ん… - スラッシュブロウ

2016/06/17 (Fri) 01:28:21

「5」は微妙、大逆転でこりゃシリーズ終焉かな、と思ってたのであんまり期待はしてなかったですが、まあ、つまんなくはないけど…って感じですかね

アマゾンレビューで言われてる、モーション過多でテンポ悪い、ナルホド君がオドロキ君の踏み台化、大々的に宣伝しパッケージにも居るマヨイの出番の薄さ、オドロキ君の設定過多、傍聴人のクドイ罵声辺りはやっぱり気になりましたし、☆3が平均というのも妥当な気がします

続編も作れそうな終わり方ではありましたが、ナルホド君もマヨイも年食ってるし、次出すのであればもう登場人物一新しちゃってもいいかな、とは思いました

Re: 面白さに異議…う~ん… - ベン・レイコック

2016/06/20 (Mon) 23:38:15

ゲームのキャラクターとはいえ、自分より若い年齢設定のキャラクターが「歳食ってるから降板」等と言われるのは悲しいですね。

…むしろ、弁護士という仕事を考慮すれば今のナルホド君、一番脂が乗っている頃だと思うんです。少なくとも、「4」の悪夢から復活した「5」や「6」のナルホド君のポジションやキャラクターは私は嫌いではないです。

Re: 面白さに異議…う~ん… - スラッシュブロウ

2016/06/21 (Tue) 00:10:20

「4」のダルホド君の頃からすれば、「5」「6」はだいぶ「らしく」戻ったと思いますが、復活を大々的にアピールしてた割に実質オドロキ君主役だったり、頼れる師匠というよりオドロキ君の出汁に使われてるような扱いもどうなんだろ…と3dsに移行してからは思っちゃいますね…

続編で年食って出てきたと思ったら、何だか扱いが悪いというのはありがちですし、年齢を重ねるにつれて厚みも増してくるような描き方をあまり期待出来る脚本に思えないんですよね…

マヨイもよくよく考えてみれば旧作のイメージを極力崩さないように配慮してるのは伝わってくるものの、三十路前でほぼ十代の頃のまんまというのもやや違和感がありました

追記

>システム面

これもまだ続けるなら一新した方がいいんじゃない?って理由の一つでもありましたね

サイコロック、みぬく、スコープ、託宣と出来る事は増えてるけど、ゴチャゴチャし過ぎという意見は感想漁ってるとちょくちょく見かけましたがこれは同意です

手を変え品を変え…って感じもしますが、アクションゲームとかみたいに新機能で更に爽快にって感じでもなく、基本どれもやる事は「ムジュンを突く」という事なので、頑張ってはいるけどAVGという特性上限界が見えてる気もしますし

定刻通りにただいま到着! - 牛鬼

2016/06/05 (Sun) 00:55:03

http://srw-v.suparobo.jp/
https://www.youtube.com/watch?v=18otfdWJlLI

作品を重ねるごとに参戦作の間口を広げているとはいえ、まさかの「宇宙戦艦ヤマト2199」の参戦もさることながら、スポンサーの都合もあってリクエストが多かった「勇者王ガオガイガー」を除けばSRWに参戦しづらかった勇者シリーズも、とうとう「勇者特急マイトガイン」が初参戦する事が出来ました。
これを切っ掛けに他の勇者シリーズの参戦も期待したいところです。

Re: 定刻通りにただいま到着! - スラッシュブロウ

2016/06/05 (Sun) 23:44:51

近年だと割とガンダム枠(特に宇宙世紀枠)は減りつつあったのに(Zシリーズは続編なのである程度しょうがないにしても)、ウインキー時代再来のようにガンダムが参戦してるなぁ…

特にユニコーンなんて、ここの所毎回見かけるように思うのですが…既視感が強いのは前のZシリーズと参戦作品が被っているのもあると思いますけど

というか、クロアンもう出るんですね…アニメの方は途中から正直一部主要キャラの扱いがアレだったので、まだ当分無理でしょうが、ゲーム版の参戦を期待したいとこです

Re: 定刻通りにただいま到着! - ロボジャギ

2016/06/08 (Wed) 00:04:22

いくつになってもスパロボの新作が発表される度に、心が躍るのはロボが好きだからなのかゲームが好きなのだからか、はたまた両方なのか……
個人的に嬉しかったのはようやく久しぶりにZZが参戦してくれた事ですかね(一番好きなガンダムなので)
いやぁ、初代Zからずっとスパロボを買う度にアンケートの「参戦して欲しい作品」の所に書き続けた甲斐がありましたよ
この調子で次はダンクーガと共演して欲しいですなぁ
中の人繋がりとか妙に武器や必殺技が似通ってる部分で何かクロスオーバーを……

Re: 定刻通りにただいま到着! - 特撮マン

2016/06/19 (Sun) 13:43:02

相変わらず東映本社ロボットアニメ(長浜ロマンロボは除く)は参戦せず……
スマホの「X-Ω」でアルベガスが参戦したので「もしかしたらダイラガー、レザリオン辺りが……」と期待したんですけどね……


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.